フィナステリドの副作用で多いのは性欲減退?

フィナステリドとは、抗アンドロゲン薬と呼ばれる男性ホルモンを抑制する薬の代表的な成分として知られています。
低用量の場合においては、男性型脱毛症(AGA)に対し脱毛を抑制することができる作用がみとめられており有用です。
また、高用量の場合においては前立線がんや前立腺肥大症などの病気の治療に良く用いられています。

しかしフィナステリドを服用することによって副作用を伴うこともありますので、服用するときには注意点を良く守るようにしましょう。
主な副作用としては性欲減退や勃起力低下などが挙げられます。
こうした副作用については基本的には深刻な問題が伴うわけではありませんが、気にする人が多いものです。
そして薬の飲み合わせなどについても注意する必要があることも理解しておきます。

フィナステリドでなぜ性欲が減退してしまうのか?

フィナステリドを服用することによってなぜ性欲が減退してしまうのかについてですが、これは簡単に書くとDHTの生成を抑制してしまうことによって生じます。
DHTは、男性ホルモン由来物質と呼ばれるものであり頭部に働きかける作用についてはTGF(トランスフォーミング増殖因子)と呼ばれている成長因子の仲間であるTGF-βを増やす働きが認められています。

TGF-βは本来成長因子の位置づけなのですが、実際には毛母細胞の分裂を抑えることによって頭髪の成長が抑えられてしまい、最終的に毛根が死滅して薄毛から脱毛状態をつくりあげてしまうという仕組みです。

男性ホルモンからDHTを生成するために必要な物質としては、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素を必要とします。
フィナステリドはこの5α-リダクターゼによる作用を阻害することによって毛髪の成長をサポートしてAGAを解消するというわけです。

フィナステリド自体には、本来の役割としては男性ホルモンそのものを減らすことや働きを抑えたりするわけではないとはいわれているのですが、実際には性欲の減退が起きてしまうことがあります。
このことから、フィナステリド自体になんらかの問題があると考えられていますが理由についてははっきりとしたことについてはまだ研究段階であるため分かっていません。
ただ、DHTの生成を抑えた結果として男性ホルモンが過剰になってしまうことが関係しているとはいわれています。

男性ホルモンが過剰になることによって起こる身体への影響については、まず男性ホルモンが過剰になることでバランスを取る目的で睾丸からの分泌量が低下して睾丸が常に働きを抑制し続けてしまうこと、またその結果として性欲減退につながってしまうのではないかという考え方があります。

ただ、現状においてはAGAを治療する薬としてフィナステリドを超える薬はまだありません。
医療機関においては副作用がある薬剤でも、改善が見込めると判断すれば処方するということを理解します。

こうした医薬品の取り扱いに長けているのは、医療機関であることは事実です。
使い方や副作用への対処法について、豊富な知識や経験などを持っているからこそ処方が許されます。

医師による処方以外の他の方法としては個人輸入などでも購入することはできるのですが、素人知識での判断だけでフィナステリドを含む医薬品を購入することはややリスクを伴うということを理解しておきましょう。
個人輸入で購入することについては、基本的にそのあとどのような事態が起きたとしても自己責任だということになります。
もしもこうした成分について分からないことがあるのであれば、事前にきちんとした医師や薬剤師に相談しておくことが望ましいでしょう。

もしもこうした副作用を承知したうえでフィナステリドを含んだ医薬品を服用して改善を図りたいのでしたら、多少費用がかかってしまったとしても血液検査などを行っているAGAクリニックでこの薬を処方してもらいましょう。
副作用として、性欲減退が必ず起こるというわけではありません。
服用した人のうちのおよそ1.8%程度においてこうした副作用があることが分かっています。

ほとんどの人は、性欲減退については感じることはなく普通にその日常生活を過ごしているため、通常においてはそこまで深刻に考えておく必要はないといえます。
ただ、こうした副作用がめったに起こらないからといって油断することは禁物です。

それから、できればフィナステリドを服用するべきではない人もいます。
心配性に該当する場合においては、副作用を引き起こしやすいため使用を控えておいたほうが望ましいときもあるでしょう。
これは、AGA治療を行うにあたっては思い込みや心配症は精神的に不安定な状態を作る原因となるためです。
そのため、出来るだけリラックスしてから服用すると良いとされます。

フィナステリドを服用すると精子にダメージを与える?

フィナステリドを服用することによって精子に何かしらのダメージを与えてしまうのではないかと考えている人もいます。
結論から書くと、精子にダメージを与える可能性については指摘されており、データもきちんとあるため注意が必要です。
フィナステリドには、通常使用する程度の量を服用しても精子の数を減らしてしまう作用があることが分かっています。

どうして精子にダメージを与えてしまうのかについては、実は詳しいメカニズムについてはまだ分かっていません。
ですので、今後の研究次第では明らかになる可能性があるのですが現在のところはフィナステリドを服用することによって男性不妊に悩んでいる人の場合は余計に状態を悪化させてしまう可能性があるということだけは理解しておきましょう。

ただ、フィナステリドの服用を中止することによって精子の量を回復させることはできます。
このケースにおいては、妊娠に大きく影響するといわれている精子の運動性には変化はありませんでした。
そのため、もしも子づくりを望む場合は一時的にこうした成分を含む医薬品の服用をやめておけば改善できるといえるでしょう。
そして、服用をやめてからめでたく妊娠した場合においてはまた頑張ってフィナステリドの服用を再開すればよいといえます。

しかし、服用を中止してからも精子の量が完全に元の状態に回復するかどうかについては回復する人と回復しない人とで分かれるという傾向があります。
これは、使用を中止したとしても精子をつくる機能への悪影響が残っているため使用をやめても完全に精子量が回復しないとされています。
フィナステリドには前立腺を小さくする作用があるともいわれており、これが影響する可能性があることを覚えておきましょう。

ではフィナステリドを服用することによって果たしてどこまで精子に悪影響があるかについてですが、確かに精子濃度が減少することについては認められているものの今までの医学データにおいて正常な精子量だった人が一気に不妊といえる状態にまで落ち込んでしまう程の強い影響力まではないとはいわれています。
ですので、健康な人についてはそこまで気にするほど影響するわけではありません。

しかし中にはもともと精子量が何らかの原因によって少ないという人もいます。
そうした人がフィナステリドを含んだ医薬品を服用する場合は、充分に気を付けておいたほうが良いといえるでしょう。

フィナステリドを含む育毛剤を使用しつつ男性不妊も解消したいという人もいます。
そうした人の場合は、男性不妊用の妊活サプリというものもありますのでこちらを活用すると改善できる可能性はあります。
男性不妊用の妊活サプリには、精子の質を向上させることができる亜鉛や還元型コエンザイムQ10などの成分がたくさん入っており避妊期間が1年未満に該当する場合においてはこうしたサプリを服用して改善を図ることは有効といえるでしょう。

フィナステリドの服用によって精子にダメージを与えてしまう可能性については、服用した人の全体のうち約1.3%となっています。
性機能の低下については、思い込みによって引き起こされている可能性もあります。
性機能は実はメンタルの影響を大きく受けてしまいやすいものでもあるためです。
とはいえきちんとした知識を持ったうえで使用したほうが、トラブルを少なくすることができるでしょう。

男性不妊を考えた場合には、深刻に考えるよりも医師とできるだけ相談して解決していくと良いです。
医師をしっかりと信頼して継続的にこうした治療を欠かさないようにすることによって、副作用のことを気にせずにいられる可能性は高まります。
そして、服用の際には1日1mgを上限にしておいて使用上の注意をしっかりと守ることが大切になるでしょう。
また女性の使用については触れるのもだめですので覚えておくようにします。

フィナステリドで性欲減退したらED治療薬を!

フィナステリドを服用することによってもしも性欲が減退してしまった場合に取ることができる対策としては、ED治療薬を使用する方法があります。
ED治療薬とは、勃起力低下や性欲減退に対して働きかけて精力を増強することを目的とした薬です。
例えばバイアグラ・シアリス・レビトラなどが代表的なED治療薬といえます。

こうしたED治療薬を適切なタイミングで飲むことによって、性機能を回復することができる可能性は高いです。
これらの医薬品は服用後作用を実感するために性的興奮を必要とするため勃起そのものをサポートしてくれるわけではないのですが、一度勃起してからは持続力が高いことで世界中で人気があり現在では夜の生活に欠かすことができない医薬品として定着しています。

フィナステリドとバイアグラやシアリスなどのED治療薬を併用することによって生じる悪影響についてですが、基本的にはないといわれていますので、適切な使用を行っている限りは併用して問題はありません。
ただ使用の際には注意点がいくつかありますので充分に理解しておきましょう。

最初に、バイアグラなどED治療薬については身体への負担も少しあるため健康な状態であると医師が判断したうえで使用することが望ましいといえます。
体調に何らかの変調があるという場合やアレルギー反応などが出た場合においては使用しないようにしましょう。

服用の仕方としては、ED治療薬すべてに共通して1度使用したら次の服用については24時間経過した後であれば可能です。
身体への悪影響を考慮して同じ日に2回服用しないようにしましょう。

飲み薬タイプの育毛剤を使用する場合には、ED治療薬と全く違う作用を体の中で発揮するため問題は基本的にはないとはいわれています。
ただED治療薬もAGA治療薬も飲み薬タイプである場合はどちらも体全体を対象にその作用が出てくるため下半身や頭皮にだけ影響を与えるのであればよいわけですが、思ってみなかった部分に作用を及ぼすことがありますので薬のタイプには気を配ったほうが良いこともあります。

ED治療薬の服用の注意点

肝機能障害を抱えている人については、フィナステリドを含んだ医薬品の服用はできません。
ですので、専門医や薬剤師に飲んでいる薬や病歴については正直に申告して使用許可の可否を判断してもらっておく必要があるといえるでしょう。

バイアグラやシアリスなどのED治療薬についても、飲んでいることを正直に医師などに報告したうえでこの成分を含む育毛剤を使用するかどうか決めておいたほうが良いです。
中にはED治療薬を使用することが恥ずかしいと感じている人もいますが、トラブル防止のため医師と充分に確認しておくことが望ましいでしょう。

ED治療薬の入手方法

バイアグラ・シアリス・レビトラなどの入手方法については医師から処方される場合もあります。
EDの治療を専門に扱っているクリニックであればこうしたED治療薬を取り扱っているため問題なく入手することはできます。
ただ、残念ながらこうした専門的なクリニックが全国各地にあるわけではありません。
そのため、海外の通販サイトから個人輸入して入手するという方法も現在では一般的に用いられています。

こうした個人輸入代行サイトを利用するにあたっては、実績のある個人輸入代行業者を見極めたうえで入手しておくようにしましょう。
ED治療薬の中には偽物が出回っている場合もありますので、リスクがややあります。
もしも偽物のED治療薬を購入して使用してしまうと思わぬ身体への悪影響が考えられますので十分に注意しておく必要があるでしょう。

ED治療薬の副作用については、頭痛などを引き起こす可能性はありますがそこまで重い症状を引き起こす可能性についてはめったにありません。
ただ、少しでも気になったことがあれば専門医や薬剤師に相談して解決を目指すようにします。

Now Loading...
top button