フィナステリドの副作用で体毛が濃くなることもある?

フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬として利用されており胸毛やすね毛などの体毛が濃くなると訴える人たちがいます。
確かにフィナステリドには性機能障害やうつ症状、肝機能への影響などの副作用が存在します。
一方フィナステリドの働きを考慮すると胸毛やすね毛のような体毛が濃くなる副作用が発症することは理論的にありえません。
実際に体毛が濃くなると報告する人たちが存在する原因は他の薬品との併用にあります。

フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬としてアメリカで開発されました。
1992年にはアメリカで前立腺肥大の治療薬として市販されその後男性型脱毛症にも有効であることが明らかになります。
アメリカでは1997年に男性型脱毛症の治療薬として認可され日本では2005年に認可されました。
現在日本では男性型脱毛症の治療薬としてのみ認可されており、前立腺肥大の治療に使用することはできません。

男性脱毛症は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響を受けてジヒドロテストステロンに変化することで起こります。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の受容体に結合すると髪の毛を作るための細胞分裂が減少します。
髪の成長が抑制されるため、毛が細く抜けやすくなります。
このメカニズムに対する有効な対処法がフィナステリドの使用です。
フィナステリドは内服薬でも外用薬でも5αリダクターゼがテストステロンと結合するのを防ぎます。

フィナステリドの使用は男性型脱毛症への対処法として有効ですが発毛を促すのではなく酵素に働きを阻害することで脱毛を防止します。
またフィナステリドが働くのは全身ではなく5αリダクターゼが存在する前立腺や前頭部・頭頂部などです。
身体の一部で酵素の働きを阻害するのがフィナステリドなので理論的に胸毛やすね毛などの体毛が濃くなるということはありえません。
しかし同時に男性型脱毛症の治療に使用されるミノキシジルには体毛を濃くする働きがあります。

フィナステリドで体毛が濃くなった場合の対処法

フィナステリドで胸毛やすね毛などの体毛が濃くなると報告する人たちが存在しますが実際にはフィナステリドではなく男性型脱毛症の治療薬として併用されるミノキシジルの働きによります。
フィナステリドは前頭部や頭頂部で5αリダクターゼに働きかけてジヒドロテストステロンの生成を阻害します。
ジヒドロテストステロンは頭髪の育毛を阻害しますが、髭の成長を促進する働きがあります。
そのためフィナステリドを使用すると髭が薄くなる可能性が存在します。

男性型脱毛症の治療薬としてフィナステリドと併用されるのがミノキシジルです。
ミノキシジルには血管の拡張作用があります。
髪の成長に必要な栄養素を毛乳頭細胞に届きやすくするため発毛が促進されます。
ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発されました。
現在ではフィナステリドと同様に男性型脱毛症の治療薬として利用されています。

ミノキシジルが発毛を促進するのはフィナステリドと異なり全身です。
そのためミノキシジルを使用することで胸毛やすね毛などの体毛が濃くなることがあります。
フィナステリドを使用して体毛が濃くなると感じる人の多くは男性型脱毛症の治療薬としてミノキシジルを併用しています。
胸毛やすね毛などの体毛が濃くなると感じた場合の対処法としてはフィナステリドではなくミノキシジルの使用を控えることが挙げられます。

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロンの生成を防ぎ男性型脱毛症を治療します。
一方ミノキシジルは全身の血管を拡張し毛乳頭細胞に栄養素を届きやすくして発毛を促進する働きがあります。
いずれも男性型脱毛症の治療薬として有効ですが、体毛が濃くなると感じた場合には直接的に発毛を促すミノキシジルの使用を控えるのが有効な対処法です。

Now Loading...
top button