フィナステリドを使う時は妊婦に注意が必要

フィナステリドは男性型脱毛症の有効な治療薬として日本でも広く使われています。
あくまでも男性型脱毛症の治療薬なので女性の脱毛には効果がなく女性に使用されることはないのですが、実は女性にはただ効果がないというだけではなく、それ以外の重大な理由から使用が禁止されています。
そもそもフィナステリドとは男性ホルモンの一種であるDHTを抑制することで、薄毛の原因である男性ホルモンの過剰分泌を抑制する薬ですが、この薬を妊娠中の女性が使用してしまうと胎児に副作用が現れる危険性があります。

また妊婦の方は使用することはもちろん駄目なのですが、実はフィナステリドは妊婦が触れることさえ禁止されている薬となっています。
何故触れることさえ禁止されているのかというと、これは2つの理由が言われています。
1つはフィナステリドの成分が皮膚から吸収されて胎児に影響を及ぼすという理由です。
そして、もう1つは妊婦が誤って飲んだりしなければ悪影響を及ぼす可能性は低いものの、もしも妊婦がフィナステリドに触れた手で口に触れてしまうと体内に侵入する恐れがあるからで、どちらにしても妊婦はフィナステリドに触れることさえもしない方が良いということです。
では、もしもフィナステリドの成分が妊婦の体内に入り込むと胎児にどのような副作用が起こるのでしょうか。

先にもお伝えした通り、フィナステリドは男性ホルモンの一種であるDHTを抑制して薄毛や抜け毛を抑制する薬ですが、DHTは何も体に悪さをするだけのホルモンではありません。
DHTが不足してしまうと胎児の男性器が正常に発達しない恐れがありますので、男性胎児の発育においては欠かすことのできないホルモンだということです。
仮に成人男性が服用をしたとしてもEDなどの副作用が起こるのと同様に、胎児もフィナステリドの影響を受けて男性器が正常に成長しない恐れがあります。
特に胎児の場合はお腹の中で生殖器が形成されている最中になりますので、その段階でフィナステリドが体内に入り込むと生殖器が正常に形成されない可能性が非常に高く、陰茎の形成不全を招くことも考えられます。

フィナステリドと知的障害の因果関係とは?

フィナステリドを妊娠中の女性の体内に入り込むと男性胎児の男性器に悪影響を及ぼす恐れがありますが、ではフィナステリドと知的障害児の因果関係はどうなのでしょうか。
また小作りをする際の影響についても見ていきましょう。

まず妊婦の方がフィナステリドの成分を体内に取り込んでしまうと、男性胎児の男性器に発達障害が発生することは様々な研究から明らかとなっています。
そのことから小作りをしている最中でもフィナステリドを使用していると精子などに影響を及ぼして障害児が生まれてしまうのでは、と考える方がいますが、現段階でフィナステリドを使用していても精子に影響を及ぼすという研究結果は報告されておりません。
ですので、小作りの最中にパートナーである男性がフィナステリドを使用していても、その後に形成される胎児に悪影響を及ぼす可能性は低いと言えるでしょう。

ただし、形成される胎児に発達障害などの障害児になるという研究結果の報告はありませんが、不妊症の原因として男性側がフィナステリドを使用していると発生するということは、トロント大学の研究により明らかとなっています。
トロント大学の研究によるとフィナステリドを使用している男性の精子の量が減少していることが分かり、それが不妊症の原因の1つとして考えられると報告されています。

ただし、フィナステリドを使用を中止すると精子の量は使用中の4倍から12倍にまで増えるので、小作りをする際には一時的にフィナステリドを使用を中止してみた方が良いかもしれません。
また、小作りの際に男性側がフィナステリドを使用していても、胎児に悪影響がないというのは現段階での話なので、この先フィナステリドが知的障害などの影響を及ぼすという研究結果が出てくる可能性は否定できません。

Now Loading...
top button