プロペシアジェネリックのフィンペシアについて

現在、AGA治療薬の内服薬としてはもっともポピュラーな存在といえるプロペシアやプロスカー。
その効果は日本皮膚科学会が定めたAGA診療ガイドラインでも「強く勧められる」と高く評価されています。
しかしプロペシアは即効性のある薬ではないため継続して服用し続けなければならず、それだけ費用がかかることも事実です。
AGA治療はプロペシアに限らずその効果を得るには長期継続する必要があり、続けることができる価格かどうかも非常に重要となってきます。

新薬と同じ成分・効果でありながら安く購入することができる、「ジェネリック医薬品」をご存知でしょうか。
ジェネリック医薬品とは、その薬の特許が切れた後に別の会社が同じ有効成分で製造した薬のことを指します。
新薬は研究・開発に大変コストがかかりますが、ジェネリックにはかからないためその分価格も抑えることができ、安い価格が実現できるのです。
プロペシアなどのAGA治療薬にも、ジェネリックは数多く存在します。

プロペシアジェネリックはたくさんの種類が販売されていますが、その中でも非常に人気があるのが「フィンペシア」です。
フィンペシアはプロペシアと同じ「フィナステリド」と呼ばれる有効成分が同じ量配合された医薬品です。
このフィナステリドには「ジヒドロテストステロン」というヘアサイクルを乱してしまう男性ホルモンを抑制し、薄毛の進行を防ぐ働きがあります。
フィンペシアは有効成分が同じフィナステリドであるためもちろん効果も同じですが、価格はプロペシアの半額以下と非常に安い価格で販売されています。

しかし、実はプロペシアの特許はまだ切れておらず、フィンペシアは正確にはプロペシアジェネリックとは呼べません。
では特許が切れていないのに、どうして製造できるのでしょうか。

フィンペシアはインドの製薬会社「シプラ社(Cipla Limited)」が製造・販売していますが、インドで物質特許が定められたのは2005年のことです。
そのため、それ以前から製造されていた薬は特許が残っていたとしても製造・販売することが可能なのです。

プロペシアと同じ成分でも価格は安くて使いやすい

このように、フィンペシアは正式なプロペシアジェネリックではないものの、フィナステリドがプロペシアと同量配合されていて、同じ効果が期待できるAGA治療薬です。
そして、個人輸入を利用すればプロペシアをクリニックなどの医療機関で処方してもらう場合の約10分の1の価格で購入することができます。

また、プロスカーのジェネリック医薬品で、同様の効果が期待できるフィンカーでボサボサの毛を手に入れることもできます。

フィンペシアは「処方箋医薬品」に該当し、本来処方箋なしに購入することができません。
しかし、自分で使用するために一定量を海外から輸入することは認められています。
そして個人輸入は、ネット通販で輸入代行業者を介して購入する方法が便利です。

フィンペシアの通販を利用するメリットは「コストを大幅に抑えられる」以外にもいろいろあります。
まず、通院が必要ないため、診察を受けるために長い時間待たされることもありません。
インターネットで数分あれば注文することができ、交通費や時間の節約につながります。
また通院が必要ないということは、まわりに薄毛で悩んでいることを知られずに済むのです。

このように、安く購入できるうえ非常に便利なネット通販ですが、気をつけないといけないこともあります。
フィンペシアは現在、日本では未認可の薬です。
個人輸入で購入し万一トラブルがあった場合、すべて自己責任となってしまいます。
また、場合によっては偽物や粗悪品をつかまされる可能性もあります。
フィンペシアの偽物はほとんど出回っていないといわれてはいますが、絶対に安全とは言い切れません。
購入する際は信頼のおける代行業者を選ぶようにしましょう。

低コストであることは薄毛治療を続けるうえで大きなメリットといえます。
しかし、このようなリスクがあるということもしっかりと理解したうえで、上手に利用しましょう。

Now Loading...
top button