AGA治療薬の種類について

AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる、または無くなってしまうといったものを指します。
古くから多くの男性は年齢を重ねると髪の毛が薄くなることが知られていましたが、これらの原因として一般的に遺伝や男性ホルモンによる影響などが考えられてきました。
このAGAは一度、発症すると何の手立ても行わなければ止まることはなく最終的に薄毛の状態または脱毛してはげてしまいます。

一方でAGAは有効なAGA治療治療薬が登場して改善が可能になっています。
AGA治療治療薬が開発されるまでは育毛という形で行われてきましたが、この場合には髪の毛が育つのに必要な栄養を補給するといったものが中心でしたが、AGA治療治療薬では根本的な原因である男性ホルモンの働きを抑制したり、血行を良くすることによって発毛を促すといったものです。

その中でも発毛を促すAGA治療治療薬の代表的なものとしてはロゲインがあります。
ロゲインは有効成分のミノキシジルが含まれていますが、ミノキシジルは、もともとは経口降圧剤として開発されたもので使用者に増毛が見られたためAGA治療の薬としても開発されて1990年代後半にロゲインとして登場しています。
日本ではロゲインではなくリアップとして販売されドラッグストアでも購入が可能です。
もちろんAGAクリニックでも有効なAGA治療治療薬として使われています。

一方でミノキシジルと並んで有効なAGA治療治療薬として知られるのがフィナステリドです。
フィナステリドはもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものでしたが、こちらも使用者に増毛が見られたためAGA治療治療薬として開発されて使われています。
こちらは発毛の作用はありませんが、抜け毛の原因である男性ホルモンの発生を抑えるというものです。
仕組みとしては発毛サイクルを阻害するジヒドロテストステロンを作る5αリダクターゼの働きを阻害するというもので、これによって抜け毛の原因を取り除くことができます。

プロペシアが効かなかったらデュタステリドがいい

一般的にAGA治療治療薬としては、発毛作用を得るためにミノキシジルを使用し、抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑えるために5αリダクターゼを阻害するフィナステリドを使用して行います。
しかし、近年の研究でフィナステリドでは効かないケースがあることもわかっています。
この理由は5αリダクターゼには2種類の型があるためです。

フィナステリドの場合には2型5αリダクターゼにのみ作用します。
2型5αリダクターゼも薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを生成しますが、量としては少ないものです。
また一方でもうひとつの1型5αリダクターゼは2型5αリダクターゼよりも多くのジヒドロテストステロンを作るため、薄毛のより強い原因になります。

この1型5αリダクターゼをより強く作用するのがデュタステリドです。
デュタステリドは、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方に対してジヒドロテストステロンの生成を抑制することができます。
このデュタステリドを含んでいるのがザガーロになります。
ザガーロは2015年に日本でもAGA治療治療薬として製造販売承認を取得しており、国内のAGAクリニックでも処方されるようになっています。
フィナステリドでの効能は男性型脱毛症の進行遅延といった表現がなされていますが、デュタステリドでは男性型脱毛症に対して作用するため、より確実に作用することが期待できます。

ただデュタステリドを含むザガーロはまだ新しいAGA治療治療薬ですから、フィナステリドと比べてどのような結果を得られるかは不透明なところがありますが、フィナステリドが効かなかった場合にはデュタステリドを利用してみるのもAGAを改善するための有効な手段です。

Now Loading...
top button