カテゴリー: 未分類

AGA治療薬の種類について

2018年4月6日

AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる、または無くなってしまうといったものを指します。 古くから多くの男性は年齢を重ねると髪の毛が薄くなることが知られていましたが、これらの原因として一般的に遺伝や男性ホルモンによる影響などが考えられてきました。 このAGAは一度、発症すると何の手立ても行わなければ止まることはなく最終的に薄毛の状態または脱毛してはげてしまいます。 一方でAGAは有効なAGA治療治療薬が...

もっと読む

フィナステリドを使う時は妊婦に注意が必要

2018年3月2日

フィナステリドは男性型脱毛症の有効な治療薬として日本でも広く使われています。 あくまでも男性型脱毛症の治療薬なので女性の脱毛には効果がなく女性に使用されることはないのですが、実は女性にはただ効果がないというだけではなく、それ以外の重大な理由から使用が禁止されています。 そもそもフィナステリドとは男性ホルモンの一種であるDHTを抑制することで、薄毛の原因である男性ホルモンの過剰分泌を抑制する薬ですが、この薬を妊娠中の女性が使用してしま...

もっと読む

プロペシアジェネリックのフィンペシアについて

2018年1月30日

現在、AGA治療薬の内服薬としてはもっともポピュラーな存在といえるプロペシアやプロスカー。 その効果は日本皮膚科学会が定めたAGA診療ガイドラインでも「強く勧められる」と高く評価されています。 しかしプロペシアは即効性のある薬ではないため継続して服用し続けなければならず、それだけ費用がかかることも事実です。 AGA治療はプロペシアに限らずその効果を得るには長期継続する必要があり、続けることができる価格かどうかも非常に重要となってき...

もっと読む

病院でAGA治療を受ける際はなぜ保険適用外なのか?

2018年1月1日

「お医者さんに相談だ」というフレーズのコマーシャルが一時期繰り返しテレビで流されていたように、病院での薄毛治療はすっかり定着しています。 これは、AGA治療薬が2005年の10月に厚生労働省に承認され、12月に国内での販売を開始して以降に本格的にスタートしたもので、既に10年以上の年月が経過していることになります。 なお、AGAは、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質が原因の脱毛症で、日本人男性の発症頻度は約3...

もっと読む

フィナステリドの副作用で女性化することも・・・

2017年12月14日

フィナステリドは男性の薄毛や抜け毛を予防して発毛を促す治療薬として非常に有効な治療薬ですが、当然薬なので副作用が付き物ですが、実はフィナステリドの副作用の一つに女性化するという副作用があるのをご存知でしょうか。 そもそもフィナステリドとは男性型脱毛症と呼ばれる男性ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる薄毛や抜け毛の治療として使われる薬ですが、仕組みとしては男性ホルモンを作り出す5α還元酵素と呼ばれる物質の働きを抑制する働きがあり...

もっと読む

フィナステリドの副作用で体毛が濃くなることもある?

2017年11月29日

フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬として利用されており胸毛やすね毛などの体毛が濃くなると訴える人たちがいます。 確かにフィナステリドには性機能障害やうつ症状、肝機能への影響などの副作用が存在します。 一方フィナステリドの働きを考慮すると胸毛やすね毛のような体毛が濃くなる副作用が発症することは理論的にありえません。 実際に体毛が濃くなると報告する人たちが存在する原因は他の薬品との併用にあります。 フィナステリドはもともと前立...

もっと読む
Now Loading...
top button